クレーン部品のメンテナンス方法

1.モーターと減速機のメンテナンス

クレーン部品の保守技術の本質を把握するためには、まず、モーターケーシングやベアリング部品の温度、モーターの騒音や振動などの異常を定期的にチェックする必要があります。

頻繁に起動する場合は、低速で換気・冷却能力が低下し、電流が大きくなり、モーターの温度上昇が急激に上昇するため、モーターの温度上昇は注意が必要です。マニュアルで指定されている上限を超えないようにしてください。

モーター取扱説明書の要件に従ってブレーキを調整してください。

レデューサーの日常のメンテナンスは、メーカーの取扱説明書を参照してください。また、減速機のアンカーボルトは頻繁に点検し、接続が緩んではいけません。

ctgf

2.ランニングギアの潤滑

第二に、クレーン部品の保守技術では、ファンの換気が良好であることを念頭に置いてください。使用する場合は、まず減速機のベントキャップを開けて換気を良くし、内圧を下げてください。作業を行う前に、減速機の潤滑油面の高さが要件を満たしているかどうかを確認してください。通常のオイルレベルよりも低い場合は、同じ種類の潤滑油を適時に追加する必要があります。

走行機構の各ホイールのベアリングには、組み立て時に十分なグリース(カルシウムベースのグリース)が充填されており、毎日の給油は必要ありません。グリースは、2か月ごとに、給油穴またはベアリングカバーを開いて補充できます。また、毎年1回、グリースを取り外し、清掃し、交換します。

開いている各ギアメッシュに週に1回グリースを塗布します。

3.ウインチユニットのメンテナンスとサービス

クレーンのギアボックスのオイルウィンドウを常に観察して、潤滑油のオイルレベルが指定された範囲内にあるかどうかを確認してください。規定のオイルレベルより低い場合は、時間内に潤滑油を補充する必要があります。

クレーンの使用頻度が低く、シール状態や運転環境が良好な場合は、6ヶ月ごとに還元ボックス内の潤滑油を交換し、運転環境が悪い場合は四半期ごとに交換します。クレーンボックスに水が入っている、または油面に常に泡があり、油が劣化していると判断した場合は、直ちに油を交換してください。オイルを交換する場合は、ギアボックスの取扱説明書に記載されているオイル製品に厳密に従って交換し、オイル製品を混合しないでください。


投稿時間:2022年3月16日